塾講師の仕事

塾の講師って授業以外は何をしているのか、自分の授業が終わると帰ってるのかなと疑問に思ってる方は多いと思います。

実は授業以外の仕事も多いのです。面談やテストの作成・採点、保護者への資料の作成など他にもいろいろあります。もちろん塾によりますが、受験当日に早朝激励・入試応援などもしていますので授業をするのは数ある業務の一部なのです。塾の時間帯は長期休暇以外は学校の終わる夕方から夜に授業があります。授業後に生徒の質問に答えるのも仕事のうちですので、時には帰宅が遅くなることもあり、夏休み・冬休みは夏期講習・冬期講習などもあるので午前中から授業が始まります。

また、講師に必要なのは知力だと思いきや体力も必要になります。集団授業では大きな声を張り上げないと聞こえませんし、生徒たちが問題を解けているかの確認のため机間巡視するのも体力を使います。

最近の塾では、1クラス10人以上の集団授業、5~10人の少人数制授業、1~4人の個別指導などがあり、近年は個別指導型が増加傾向にあります。塾講師初心者には決して簡単ではないのですが生徒の人数が少ないということで個別指導から始めることが多いようです。生徒の成長を見届けながら、自分自身も成長していけるのでやりがいのあるお仕事です。